読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No one knows the world

ドラムを演奏して早17年経ちますが、成長しているんだかしていないんだか、これまでまったく自己分析したことがなかったので、日々の取組みを文章にして客観的に評価できたらなーと思ってブログをはじめました。

ハイブリッドなドラマーその3

前回からだいぶ間が空いてしまったが、とにかく続きである。

サンプリングパッドを電子ドラム的に使いたい!

ということで、機材を色々購入した。

 

まずは、ドラムである以上バスドラムは必須である。個人的にペダルで低音を操作していないと落ち着かない。

f:id:ong1271:20170502124613j:plain

ROLANDのKD-7というキックトリガー(送料込みで1,000円くらい)

f:id:ong1271:20170502124616j:plain

同じくROLANDのFD-6(送料込みで1,000円くらい) ハイハットのopen&closeトリガーです

ここらへんはヤフオクでゲット。

で、もともと持ってたペダルのビーターをひっくり返してこんなふうに付けました。

f:id:ong1271:20170502124620j:plain

これで足元はそろったので、次はスタンド

f:id:ong1271:20170502124604j:plain

みんな大好きsoundhouseサンプラーを固定するアダプターを購入(3,000円くらい)

これを、スネアスタンドの足の部分にpearlのタムホルダーをぶっ刺したものにつけた。

f:id:ong1271:20170502124608j:plain

で、あとはサンプラーとトリガーを接続するケーブルも。

f:id:ong1271:20170502124623j:plain

サンプラーのtriger in が一つしかないので、2股になってないとキックとハイハットが接続できないので↑を購入(3,000円ぐらい)

 

で、全部を組み合わせるとこうなりました。

f:id:ong1271:20170502124630j:plain

 

で、接続チェックをして問題なく音出ました。

各パッドへの音源のアサインは説明書に書いてあるし、全然難しくない。

気になってたレイテンシーも聴覚上は問題なさそう。

 

念願のtr-808の音でドラムを叩いてみたが、

まぁ普通。

今度動画を録ってブログにアップしようと思う。

 

ちなみに、片づけるとこんな感じ。

f:id:ong1271:20170502124558j:plain

リュックにはサンプラーとかケーブルとか電源アダプターとか入ってます。

グレイの洗濯バッグ(ダイソーで300円)にはペダルとかスローンを入れてます。

 

 

 

 

 

 

 

ハイブリッドなドラマー その2

先回の日記の続きです。
で、さっそくドラムパートを抜いたトラックをgaragebandで作ったのだった。


完成度はともかくこの他にもマイナスワントラックを色々作って、スタジオにiPadを持っていってはトラックを流しながらドラムを叩いていた。

しかしながらまた色々と欲が湧いてきた。
それは「セッションぽくやりたいなぁ」という欲である。
どういうことかというと、garagebandでつくったトラックはAメロの次はBメロ、みたいな構成が決まっている、というか当然こういうDAWソフトはそんなもんなので、その場で構成を変えるということはできない。
一方、生演奏というのはテンポが演奏する度に若干変わるし、ましてやセッションとなるとコードは決まっていても演奏の展開はどんどん変わっていく。
このような場合でも、打ち込んでおいた短いフレーズやシーケンスをドラムパターンに組み込んで演奏できればある程度対応できるのだが、そんなんできるんかなぁ…
でも、世のドラマーの中には俺がやりたいことを実現しているやつがいるはず…
というか、探してみたらけっこういた。
youtu.be

sampling padという、samplerのパッドをスティックで叩けるようなものがあるらしく、サンプリングした音をドラムパターンに組み込んで演奏している。
これは楽しそうだなぁ、と思ったがこのsampling padが必要である。

ということで、rolandspd-sを購入したのだった。

spd-sxという現行機種があるが、値段が高い(Amazonで新品が75,000円ほど)。まぁほんのお遊びなので、上記のspd-sを中古で購入した。42,000円だった。

で、さっそく色々いじってみた。
すでにインストールされている音もあるが、せっかくなのでサンプリングしたい。
まずは上の動画みたく、シンセっぽい音をループさせて簡単なドラムパターンをのせてみることにした。
ちょうど毎月不定期でやっているスタジオセッションでDJ Jazzy Jeffのトラックをやることになったので、さっそくサンプリングをしてみる。

このトラックをそのままやってみるとしてintroのストリングスみたいなシンセをサンプリングした。これをループさせることにして、もう一個エレクトリックピアノみたいな音を抜こうと思ったが、イコライザとかフィルターをかけてみてもどうしても他の音が混じってしまう(この試行錯誤はまた気が向いたときにメモる。)
しょうがないので、コードを拾ってキーボードでそれっぽい音源で弾いたものをサンプリングした。
そしてこれもループさせる。
で、セッションでやってみたのがこちら↓↓

パッドを一回叩けばループするように設定しておけば、もう一回叩くまでずっとループする。上記のとおり、今回はシンセストリングスっぽい音とエレクトリックピアノっぽい音の2つをサンプリングしたので、パッドも2つしか使っていない。

までも、これを発展させていけばなかなか楽しくなりそうな手応え感じた。


それで、どんなふうに発展させていくべきか…
rolandなんかのWEBをみるとハイブリッドドラミングというテーマで、SPDーSのような器材を生ドラムに混ぜた演奏デモを見ることができる。
こんな感じでできたらいいねぇ… と思いながら、you tubespd-sについて調べていたら、すごい人がいた。

youtu.be

なんかPCとつなげて、もはやsampling padを電子ドラム的に使っている。
超かっこいい… 生ドラムとのハイブリッドでは全然ない。
が、SPD−Sを電子ドラム、というか人力ドラムマシンとして演奏している。
おそらくだが、SPD−SをPCにMIDIで接続し、音源はPC、SPD−SはMIDIコントローラーとして利用していると思われる。
MIDI接続についてはまだ手を出せる知識はないので興味はないが、例えばTR909とか808なんかのビンテージドラムマシンの音をサンプリングして叩けば、シーケンスではない人力のグルーブによるドラムマシンサウンドが出せるんである。
これを実現するためには、バスドラムの代わりとなるキックパッドやハイハットのオープンクローズペダルが必要となる。
しかし、やはり俺も真似したくなり、色々揃えたのだった。

ハイブリッドなドラマー

 iPadを使うようになって2年経つ。

 iPadといっても最新のiPad ProなどではなくてまだドックコネクターのiPad 3 。
主にネットサーフィンとメールチェック、Facebookでしか使ってなかったが、もっと iPadをかっこよく使いこなしたいなあという想いから、GarageBandで音楽を作るようになった。
高校生の頃はfostexのカセットテープ4chMTRを買って 1人で多重録音したり、友達とレコーディングごっこなんかをやっていた。

http://i716.photobucket.com/albums/ww169/domestic_platypus3/ELECTRONICS/IMG_2594.jpg

出典:photobucket.com
 
 GarageBand はすごい。楽器はいらないし、音楽理論なんて知らなくても感覚で音楽が作れてしまう。音もめちゃくちゃいいし。ローリー寺西GarageBand だけで 1曲仕げてた。
 
 
で、いじくっているうちにいろんな欲が湧いてきて、ドラム叩きながらテンポをシンクロさせて GarageBand に打ち込んだ音を流せたら1人でも楽しめるかも、と考えたのだった。